検査分析士の業務

機器分析で社会に貢献

検査分析士は20世紀の後半に実用化された分析機器を活用して機器分析の実務を行う人の資格です。
20世紀の前半に原子や分子の概念が確立し、すべての物質(路傍の石から人間までが)原子や分子から構成されていることがわかりました。我々はこのことを疑いませんが、これは機器分析によって物質の原子組成や分子構造がわかるからです。

このため、機器分析は社会のあらゆるところで活用されています。

  • 安全で安心な社会生活を営むために

    1. 食の安全を守る
    食品の栄養分や添加物等を分析します。
    2. 家庭で使用する製品の安全を確保する
    有害含有物質の種類や濃度を分析します。
    3. 高機能製品の品質を保証する
    製品の出来栄えに必要な分析をします。
    4. 健康状態をモニターする
    血液や尿に含まれる物質を分析します。
    5. 生活環境を監視する
    大気や水に含まれる有害物質の分析をします。
    6. 犯罪の証拠を見つける
    麻薬や毒物の分析をします。
  • 未来の社会を築くために

    1. 基礎研究のベースとなるデータを得る
    未知の物質の性質や現象を調べるために分析をします。
    2. 材料開発の評価
    生成した物質の性質を調べるために分析をします。
  • ゆたかな文化をはぐくむために

    1. 歴史的な事実の検証
    物質の材料を検証するために分析をします。
    2. 文化財の修復
    色が褪せたり、欠けたりした文化財の補修のため分析をします。
ページの先頭へ戻る